着うた無料

着うたは「Made in Japan」なサービス

最初に「着うた」ってそもそも何か?についてお話ししておきましょう。
ケータイには着信音という機能があります。
「電話がかかって来てますよ」と知らせる為の機能です。
一般的な着信音はケータイに標準装備されている「ピピピッ」という機械音で、工場から出荷される際にその音に設定されます。

 

この着信音に、アーティストが演奏する楽曲を使うと「着信音」ならぬ「着うた」となります。
着うたが世に浸透する前段階として、着信音の電子音でアーティストの楽曲の音階を表す着メロ(着メロディー)という物が有ります。

 

今や日本に限らず海外でも利用されている着メロは、元々NTTドコモが1996年に、ある特定の機種で世界に先駆けて始めた「Made in Japan」なサービス。

 

着メロから着うたへ

着メロの登場からそう時間を開けずに、アーティストが演奏するそのままの楽曲を使用出来る「着うた」が配信される様になりました。
同時に鳴らすことができる電子音和音数の増加など、着メロの品質が格段に向上した為です。

 

着うたはauから

着うたは、2002年12月からauがサービスを開始し、NTTドコモやボーダフォンも追随。
こちらも「Made in Japan」な機能なのです。

 

着うたが定着した事で、ケータイのサービスにも大きな変化が現れました。

 

それは料金体制。

 

パケット定額制

着メロの時はさほど気に成らなかったパケット通信料など主に通信費用に関わる「定額制」と言うお得な料金設定が誕生したのです。
これは、着メロに比べて着うたのデータ量が重く、通信に時間と費用がかかる為です。

 

着信音にオリジナリティーを持たせた事から、終いには、楽曲をそのまま再現出来るサービスが実現し、それに伴ってケータイの料金体制まで変わったと言うのですから、本当に日本のケータイは独自の発展を遂げていますよね。

 

 

 

着メロは日本発祥の携帯文化今では世界中の人が利用し、楽しんでいます

もともとは電子音で電話がかかってきたことを知らせていた「着信音」
これが「着メロ」になり、さらに「着うた」、そして「着うたフル」と進化しました。
着信音としてだけではなく、音楽そのものを楽しむ機能として利用されるようになりました。




 

 

そもそも「着うた」って何でしょうか?

スマホ(スマートホン)や携帯電話には、着信音という機能があります。

 

 「電話がかかってきていますよ」と、電話の持ち主に知らせるための機能ですね。

 

一般的な着信音は携帯電話やスマホに標準装備されている、「ピピピッ」という機械音(電子音)で、工場から出荷される際に設定されているものです。

 

 この標準的な着信音を、アーティストが歌い、演奏している楽曲に変えると「着うた」になります。着うたが浸透する前段階として、楽曲のメロディーを電子音で表した「着メロ(着メロディー)」というものもありました。

 

 今ではすっかり電子音ではなく、演奏そのものが利用される着メロが当たり前になり、日本に限らず、海外でも利用されていますが、そもそも着メロはNTTドコモが1996年に、ある特定の機種で世界に先駆けてスタートさせた「Made in Japan」なサービスなのです。

 

着うたの定着で料金体制が変化

 

着メロの登場からそれほど時間をあけずに、アーティストが演奏する楽曲そのまま使用できる「着うた」が配信されるようになりました。

 

 同時に鳴らすことのできる電子和音数の増加など、着メロの品質が格段に向上したためです。

 

 着うたは2002年12月からauがサービスを開始し、その後NTTドコモやボーダフォンも追随しました。着メロ同様、着うたも「Made in Japan」な機能なのです。

 

 こうして着うたが定着したことで、携帯電話のサービスにも大きな変化がありました。

 

 それは、「パケット定額制」という料金体制ができたことです。

 

 着メロ時代には、さほど気にならなかったパケット通信料に「定額制」というお得な料金設定が誕生しました。その理由は、着メロに比べて着うたのほうがデータが重く、通信に時間と費用がかかるようになったためです。

 

 定額制の導入により、料金を気にせず電話やメール、ダウンロードができるようになり、みんなが着メロを楽しめるようになったのです。

 

 着信音にオリジナリティーを持たせたことから始まって、楽曲をそのまま再現できるサービスが出現、それに伴って料金体制まで変化したというのですから、日本の携帯文化は独自の発展を遂げているといえますね。

 

着うたを無料でダウンロード

 

日本発祥の携帯文化「着うた」を、あなたも利用してみませんか。

 

 実は着うた自体も進化を遂げていて、

今は「着うたフル」といって、アーティストのオリジナル楽曲がフルコーラス丸ごとダウンロードできるのです。

 

 着うたフルサイトを利用すれば、最近のJ-popの新曲もダウンロードできます。有料サイトもありますが、無料でダウンロードできるサイトもありますので、そういうサイトを利用すれば、着うたフルを取り放題ということになりますね。

 

 着うたフルを無料で取り放題。そのためにはどうすればいいのか、このサイトではその方法や情報を集めていますので、参考にして着うたを楽しんでください。